「ぼた餅」と「おはぎ」

牡丹の花に見立てたことから「ぼた餅」、萩の花が咲き乱れている様子に見立てたものということで「おはぎ」。春に食べるのが「ぼた餅」で、秋は「おはぎ」とか。また餡ものが「ぼた餅」で、きな粉が「おはぎ」とか、もち米を主とするものが「ぼた餅」、うるち米を主とするものが「おはぎ」であるとかいろんな説があります。いずれにしろあんころ餅のことです。なお、「ぼた餅」は「牡丹餅」のなまった語で、「おはぎ」は「萩の餅」の女房詞です。米を半分潰すことから「はんごろし」という物騒な名前で徳島県では呼ばれているそうです。

今日は彼岸の中日ということで到来しました。お茶受けとして美味しくいただきました。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示