「仕事くれはりました」

去る3月25日に河内道明寺(大阪府藤井寺市)住職六條照瑞御前様のご葬儀が行われました。通夜・葬儀両日、1000人余りの会葬者が御前様のご逝去遠悼みました。寒くなく、暑くもない穏やかなお天気で、満天の青空、そして満開の桜でした。まさに御前様の人徳のなせる技でした。

御前様はまことに快活で、清楚で、爽やかで、温かい方でした。まさに春風のような方でした。満100歳のお誕生日を3月にお迎えになられ、同月25日にご自身のお部屋で安らかにご逝去なさいました。近年稀に見る大往生でした。

ここ数年コロナのためにお目にかかることが叶いませんでしたが、昨12月に親しく2時間余りお話をさせていただいたのが最後となりました。そして1月に発刊されました全日本仏教尼僧法団の季刊誌『花はちす』に瑞御前様のことを執筆させていただきました。3月には満100歳のお誕生日をお祝いされたと伺いお喜び申し上げた矢先の出来事でした。


私にとっては公私にわたり格別ご縁をいただき、またご高配いただき、多くのことをご教示くださいました。私にとりましてはこの上もない大恩人でした。本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

道明寺様と木津家は、先代住職の六條照傳御前様が木津家3代聿斎宗泉の門下で、照瑞御前様は4代花笑斎・5代柳斎に茶の湯を師事され、後に家元直門となられました。道明寺には聿斎の設計になる書院と茶室があり、その襖紙は貞明皇后から御下命を受けて青山の大宮御所の御茶室秋泉亭の襖に用いた唐紙で、御所の御茶室が戦災で焼けて今日同寺にのみ残されています。