「宗泉」と「宗詮」

 木津家3代聿斎が「宗泉」と「宗詮」の二つの名前をなぜ使っているのか尋ねられることがあります。それは70歳までは「宗詮」を用い、それ以降は「宗泉」と名を改めたことによります。その経緯は以下の通りです。  昭和4年(1929)大正天皇の皇后である貞明皇后のために青山に新たに大宮御所が造営されました。なお、昭和26年(1951)5月17日に貞明皇后が崩御なされ、6月8日に「貞明皇后」と追号されています。大正天皇の崩御によりそれ以降、生前中は単に「皇太后」と呼ばれていました。  大宮御所には、別棟として拝殿と御影殿(みえいでん)が造営されました。御影殿には皇太后宮大夫の入江為守が描いた大正天皇の肖像画描が掲げられていました。そして皇太后の意向で茶室を築造することとなり、木津家3代聿斎はその御茶室の設計・施工の御下命を受けるという栄誉に浴しました。その橋渡しをしたのが川上邦基です。なお、川上と聿斎は平瀬露秀が結んだ縁がもととなっています。ちなみに新御殿は島崎組が請負、御茶室はそれとは切り離して施工されました。  早速、聿斎は茶室作業所に「宮内省御用 御茶室造営 作業所」の看板を掲げました。大工棟梁は児島久兵衛、副棟梁は藤原新三郎、眞田清三郎、従事者に眞田亀三郎らで、切組一式を大阪で行い、それを東京に運んで建て上げています。なお、藤原の下からは平田雅哉が、眞田亀三郎の下からは田尻亥之助ら、優秀な数寄屋大工が育ち、今日もその子孫が大阪で工務店を営んでいます。  秋泉御茶室の竣工は昭和5年(1930)の秋でした。昭和26年(1951)8月発行の『茶道月報』に川上邦基が「秋泉御茶室の思い出」として、在りし日の秋泉御茶室の面影を詳細に記しています。長文ですが以下に引用します。


  秋泉御茶室は、御常御殿と称する大きい建物と、其付属建とで三方を塞いだ中庭とも云

  ふ可きところに建てられ、御常御殿から前方の大正天皇御霊殿への渡廊を横切って露地