• 木津宗詮

いつなりにけむ



望月玉溪(印)

た丶ひとつあそふとみえしはなかけの

(蝶図)はふたつにいつなりにけむ 信行  明治の御歌所寄人(おうたどころよりゅうど)の須川信行賛になる望月玉溪画「蝶図」です。一匹の蝶だと思っていたところ、実は二匹の蝶が重なって花の間を飛んでいたのです。  一般的に茶の湯では蝶というと「荘周の夢」としてはかないものとして追善などに用いられます。私はこの軸を毎年この時期の稽古で床に掛けて稽古しています。  あちらこちらで桜の花が開き始めました。いよいよ春爛漫の好季を迎えました。

32回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.