三つの松向軒

 高桐院は、利休七哲の一人として知られる細川忠興(三斎)が叔父の玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)を開山として慶長7年(1602年)創建した塔頭です。


   高桐院


 書院の意北軒は、利休さんの聚楽屋敷から移築しされたものだそうです。また、茶室松向軒は、豊臣秀吉が催した北野大茶湯の際に、忠興が建てたものを、寛永5年(1628年)に同院に造られた写しの茶室です。



   高桐院 松向軒

茶室の松向軒の名の由来は、北野天満宮の影向松(毎年初冬より節分までの三冬の間に初雪が降ると、天神さんが降臨され、和歌を詠まれるとされている松)の前に構えたことによります。今日、北野天満宮には、北野大茶湯の折に、忠興が茶湯のために水を汲んだ三斎井戸と、後に間取りを変えて造られた茶室松向軒があります。