五月雨の空

浮雲のくらきかさなる絶間なく

日影も見えぬ五月雨のそら

聿斎(花押)


暗く重なり絶え間のない浮雲が空を覆い日差しも見えない五月雨の空。

鷺と蓮の葉も聿斎の自画になります。横から見た蓮の葉はごく当たり前ですが、真上からの絵はとても気をてらっう表現で興味深いです。

讃に書かれた歌とはまったく逆で、今日は梅雨の晴れ間で青空が広がっています。




20回の閲覧0件のコメント