令和2年度卜深庵点初

 恒例の点初を建仁寺本坊で催しました。当日の道具組は以下の通りです。なお、今年の展観は「初天神」です。

               会 記

                          時、1月25日

                          於、建仁寺本坊

                寄 付

床  愈好斎戊子(昭和二22年)元旦試筆 

    鼠寿三百歳、満一百歳者則色白、能知一年中吉凶、

    及千里外事也 耳順 有隣斎箱

 炭斗 小曽根凌雪好 丸 北海道土産 アイヌ座筵張     木遊軒造

 羽箒 鶴 愈好斎箱 

 鐶  聿斎好 巴 共箱                   金長造

 釜敷 糸組 梅

 灰器 朝鮮 渋茶 癸丑(大正2年)秋聿斎朝鮮之陶窯造 

     昭隠老師箱 聿斎甲書 

 灰匙 染付                         妙全造

                清涼軒

床  有栖川宮韶仁親王懐紙 寄鶴祝言

    をのが声かれずもたてる芦田鶴はかねて千歳の齢かとしる

  前に上賀茂神社直会盆に後陽成院時代賢所鈴と神宮熨斗

 書院 加茂川石 銘逢坂山 小堀政安箱

    君が代に逢坂山の石清水木かくれたりと思いけるかな

花入 水谷川紫山作 竹 一重切 鼠通 語録銭筒鼠通トアリ

 花  時のもの

  柳釘に伊賀花入一啜斎銘頭芋に綰柳 

香合 宝珠 土佐光貞画 溢梅蒔絵 松鴎庵玉峯在判 

鶯宿梅大香合残木とあり                    左近造

 釜敷 五色                        吉兵衛造