• 木津宗詮

初代松斎宗詮27 小山田主鈴

小山田おやまだ主鈴(しゅれい)は、天明元年に岩代国(福島県)に白河郷士の子として生まれ、26歳の時、柳生(やぎゅう)家八代俊則(としのり)に足軽として仕官した。才腕を認められて重職に栄進し、のち奈良に移り、大坂や南都の柳生藩蔵屋敷の勝手方奉行を勤め、天保6年(1835)には国家老となり、実質的には柳生藩のトップの地位に就いている。下克上の時代に生きた豊臣秀吉とは異なり、主鈴の時代は、身分も固定していて、足軽から家老にまで上り詰めることはまさに当時の「今太閤」であった。主鈴は生まれつき商才に恵まれ、頭の回転も速くそれまで築いた人脈をフルに利用して、堂島の米相場で巨万の富を得た。そしてその巨利を柳生藩に献金・用立てをして柳生藩の財政窮乏を救い、藩財政の建て直しに成功している。なお、柳生藩と紀州藩への用立てと、住吉屋嘉助への融通とをあわせるとなんと1万両以上の金額にも及んでいる。この紀州藩への用立てには松斎が関わったものと考えられる。主鈴は弘化3年(1846)に隠居し、その謝恩として千両を柳生家に献金している。嘉永元年(1848)。藩主柳生俊章としあきから賜った柳生の地に屋敷を上棟し、晩年はこの屋敷(旧柳生家老屋敷)で余生を送り、安政3年(1856)に76歳で亡くなっている。

 主鈴は南都屋敷で茶の湯に励み、天保10年(1839)年9月に乱飾と真台子の相伝を受けている。そして隠居後に柳生に建てた屋敷には松斎好みの茶室を建て、庭も松斎が作庭している。主鈴は晩年この屋敷で茶の湯を楽しんでいる。なお、惜しくも茶室はのちに壊されているが、庭は今日も松斎作として屋敷ともども公開されている。













103回の閲覧

最新記事

すべて表示

2代得浅斎宗詮3 一指斎の後見

得浅斎は、松斎の茶の湯を義母の柳とともに支えた。武者小路千家は此中斎の離縁により、急遽新たに後継者を迎える必要に迫られた。「登士録」に、嘉永5年(1852)3月22日に表千家の吸江斎の息子で、以心斎の甥にあたる辰之助、のちの一指斎が再養子として入家している。辰之助が5歳の時のことであった。「松平家譜」には、同5年4月19日に、「茶道格別之家筋」ということから、未だ幼年ではあるが、十人扶持を支給され

2代得浅斎宗詮2 茶の湯修行

家元への入門並びに許状の台帳によると、得浅斎は天保6年(1835)、14歳の時に武者小路千家九代好々斎に入門している。なお、好々斎はその10日後に41歳で没しているので、好々斎に直接茶の湯の指導を受けることができなかったと思われる。いずれにしろ好々斎の最後の弟子の一人であったといえる。 同10年(1839)3月に小習六ヶ条と、唐物点・茶桶箱、同年10月には台天目と盆点・乱飾、そして流儀の最奥義であ

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.