初代松斎宗詮28 水口・日野の門人

 以心斎の入門帳と許状の台帳などから、松斎には、近江国の水口(滋賀県甲賀市)と日野(滋賀県日野町)に以下の門人がいたことが確認できる。日野の門人は正野猪五郎(天保七年入門)・中井正治兵衛(天保八年入門)・矢野覚左衛門(同)・藤崎佐兵衛(天保九年入門)・矢野庄右衛門(同)、水口の門人は山本小三・山村十郎右衛門(天保九年)・池本忠右衛門(天保十四年)・佐々木友笑(同)・山村九郎治(同)・蓮花寺・佐々木友賢山本三慶等である。


閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東福寺は京都でも有数の紅葉の名所として有名です。山内の渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)を中心に約2000本が植えられているそうです。その中に十数本だけ御開山である聖一国師(しょういちこくし)・円爾弁円(えんにべんえん)が宋(中国)から種を持ち帰って育てたとされる唐楓の子孫があります。赤いもみじの中から伸びた樹がそうです。色づき始めるのは他のもみじと同じころだそうですが散るのが早くもうほとんど葉っぱが

有明の空