初代松斎宗詮30 中井正治兵衛

 中井正治兵衛(しょうじべえ)は近江商人のなかで最大の資産を蓄積した中井源左衛門(げんざえもん)家の4代源左衛門光基(みつもと)にあたる。初代源左衛門は行商から店舗販売に切り替え、5万6千両ものの資産を残した近江商人である。代々日野椀や生糸・紅花・漆器・薬の産物回しや、質業および大名貸しの金融業、製紙・酒造業を営んだ。

 光基は水口の大庄屋山村十郎右衛門(じゅうろうえもん)の末子で、三代光煕(みつひろ)の娘綾の婿として中井家に入家して家業に携わっている。ちなみに光基が光煕から相続した資産額は11万両余りであった。

 光基は中井家初代の光武(みつたけ)の遺訓である「陰徳善事」を忠実に守り、日常の生活は質素・倹約に努め、生業で得た富を公共的なことに拠出し、天災・人災により困窮した人々への救恤金の助成や施行を行っている。光基もその遺訓をよく守り、幕末維新の混乱期に多くの寄付金を拠出している。たとえば天保4年(1833)の凶作時には100両を寄付し、同3年(1832)には参詣者の便宜を図るために塩竈神社の参道の舗装に800両を提供するなどを行っている。