初代松斎宗詮32 山村十郎右衛門

更新日:2020年3月23日

 水口の山村十郎右衛門は、水口藩の領民支配を円滑にするために設けられた役人である大庄屋であり、藩の蔵屋敷の蔵物販売の代銀を預かり、その出納や国元と江戸藩邸への送金を任されていた掛屋を商っていた水口の有力商人である。山村九郎治はその養子にあたる。なお、前出の通り、末子の正治右衛門は日野の中井家の婿養子になっている。


81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示