• 木津宗詮

初代松斎宗詮38 岩永文禎

 松斎と徳川治宝について触れた際に記した岩永文禎は、鐘奇斎と号し、大坂の外科医岩永文茶の門下となり、のちにその娘婿となり道修町四丁目で開業した。茶の湯は松斎に師事し、能・俳諧・連歌を嗜んだ。天保13年(1842)から慶応2年(1866)の死ぬ直前まで、20余年間にわたり『鐘奇斎日々雑記』という備忘日誌を記している。個人的動静はじめ、家族や交友関係について、職業上の記述・災害・芸能・噂話等さまざまなことが認められ、松斎に関する多くの記録が残されている。

 松斎が自宅で毎月決められた日に「釜日」と称して茶会を催していたことや点初や、嘉永4年(1851)11月6日に、得浅斎が亭主となり松斎全快祝いの茶事に招かれている。この茶事は突然平瀬家の一方庵で催された茶事であった。この時に松斎が書いた軸が伝わっている。「可悦」という置き字が書かれ、「昨秋より不快ニ有之を、野田氏御治療にて当春快復、悦ひのあまり 長閑なり雪気もはれて春の山」と発句が認められている。

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

2代得浅斎宗詮3 一指斎の後見

得浅斎は、松斎の茶の湯を義母の柳とともに支えた。武者小路千家は此中斎の離縁により、急遽新たに後継者を迎える必要に迫られた。「登士録」に、嘉永5年(1852)3月22日に表千家の吸江斎の息子で、以心斎の甥にあたる辰之助、のちの一指斎が再養子として入家している。辰之助が5歳の時のことであった。「松平家譜」には、同5年4月19日に、「茶道格別之家筋」ということから、未だ幼年ではあるが、十人扶持を支給され

2代得浅斎宗詮2 茶の湯修行

家元への入門並びに許状の台帳によると、得浅斎は天保6年(1835)、14歳の時に武者小路千家九代好々斎に入門している。なお、好々斎はその10日後に41歳で没しているので、好々斎に直接茶の湯の指導を受けることができなかったと思われる。いずれにしろ好々斎の最後の弟子の一人であったといえる。 同10年(1839)3月に小習六ヶ条と、唐物点・茶桶箱、同年10月には台天目と盆点・乱飾、そして流儀の最奥義であ

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.