別處に落ちず

大徳寺僧堂師家であった川島昭隠老師の白紙賛「好雪片片不落別處(こうせつへんぺんべっしょに おちず) 」を掛けました。

この禅語は、中国唐代の龐居士(ほうこじ)が薬山禅師(やくさんぜんじ)との逸話がもととなっています。

昭隠老師は武者小路千家12代愈好斎と木津家3代聿斎宗泉の参禅の師で、聿斎の斎号を命名しています。わが家にとっては格別縁の深い老師です。

なんとも美しい雪です。どの雪片も違うところに落ちず、かといって同じところにも落ちない。ひらひらとすべて落ちるべきところに落ちています。





閲覧数:6回0件のコメント