初代松斎宗詮22 利休二百五十年遠忌追善茶事

更新日:2019年10月5日

 武者小路千家では追善茶事を、10月1日から11月20日まで六十二会を催している。このたびの追善茶事では、由緒ある名物で利休遺愛の長次郎作木守きまもり茶碗(6代真伯が高松侯に献上)を用い、多くの人に披露して往時を偲び、より意義深い催しとして、武者小路千家の家名を輝かせたいとの内容の願書を高松藩に提出・許可が下り、9月の参勤交代で高松侯が伏見を通過する時を見計い、伏見の本陣まで松斎一同が拝借に赴いている。松斎の「諸事扣」には、茶事の約束は向う30日まで決まっているにもかかわらず、希望者が多数殺到したため、日夜の別なく断ったところ、せめて木守茶碗と官休庵だけでも見せて欲しいとの希望が追々出たようで、朝五ツ時(午前7時)頃に、露地口より官休庵に案内し、床に利休居士の画像を掛け、香炉と卓を置き、木守茶碗は床脇に黄帛紗を敷いて飾り、拝見させている。そして松斎が炭点前をして茶事と同じ菓子を出し、松斎の点前で薄茶を点て、その後は露地から半宝庵に通している。茶事の期間中、この朝の内の拝見と薄茶一服を20会余り行ったようである。なお、初会の前日の9月晦日には、鴻池家の別家である草間伊兵衛(くさまいへい)と楽旦入(たんにゅう)による木守茶碗拝見の所望を受け、薄茶と酒肴を出して見せており、本歌を実見した旦入は写しの茶碗を造っている。

 茶事については、『諸事扣』によると、10月1日から6日まで大徳寺一山の和尚方、7日より社中を招き、11月20日まで62会を催している。表裏の両千家については11月1日に裏千家の玄々斎、速水宗筧(はやみそうけん)、中村宗哲。同11日は表千家吸江斎、住山楊甫、駒沢利斎、楽旦入。同13日は玄々斎室おまち、認得斎後室宗仁、岩佐宗儀、侍善八。同14日は吸江斎室きと、森田ちせ、住山ちく、永楽了全の顔ぶれで、それぞれ両千家の男女を分けて2会ずつ招いている。また「諸事扣」には、松斎に家元や他の千家、大徳寺の和尚方等から以心斎に