• 木津宗詮

利休形松木盆写

 利休二百五十年忌の記念に造られた利休形松木盆写は、松材の四方盆で、端反(はたぞり)の四隅を唐物の若狭盆(わかさぼん)に通じる洗練された入隅(いりすみ)とし、松の木目を見せるように拭き漆がほどこされています。どのような茶入を載せても映り、菓子器にも用いられ、枯淡な味わいのある侘びた盆です。本歌の松木盆は、木津家3代聿斎宗泉の『官休清規』に「紹鴎所持なり利休へ傅へ利休より今小路道三に傅ふ」とあり、またのちの写しのものには、一翁が漆書で「昔松木盆 守」と認めていて、もとは古作の盆で、利休が所持していたことから利休形とされた盆といえます。一般的に利休形とは三つに分類できます。まず利休の作になるもので、例えば竹花入や茶杓等。それから利休が意匠や寸法を出し、それに基づき職人が制作した作品で、釜や釣瓶水指、手桶水指、楽茶碗等。そして利休が所持して愛用したもの、立鼓花入の「旅枕」や瀬戸黒茶碗の「小原木」等です。  この盆を制作するにあたっては、木津家初代松斎宗詮が利休二百五十年忌の折に記した「利休居士弐百五拾廻忌之節諸事扣」に、


  宗守事ハ未ダ幼年故、好之品抔実ハ難出来故、是迠前々ヨリ形之有之候品ヲ贈リ度、此

  方之愚存ニ付、前年大徳寺ヨリ、宗守方ヘ贈リ被下候五老松ノ古木ヲ以テ、利休好ノ松

  ノ木盆ヲ摸さセ、右盆の底裏ヘ宗守之朱うるしニ而守と判とを認さセ、箱の蓋裏ヘ宗守

  の母知昌殿ニ書付いたさセ相贈る、此五老松と云ハ、大燈国師日唐之節、唐土ヨリ持渡

  リ、紫野ニ植置れし五本の松ヲ五老松と云、此松段々枯候、古木を大板ニ挽かセ、千三

  家ヘ五、六ケ年前、大徳寺より相贈候、夫故右松の古木を相用る   

  

以心斎が幼年であったため、記念の好みの品を造ることができないので、これまで伝わる形の品を造って贈ることを松斎が提案し、以前に大徳寺より贈られた「五老松」の古材を用いて、利休好みの松木盆を写させたとあります。そしてその盆の底裏に以心斎が朱漆で「守」と花押を認め、箱の蓋裏には好々斎の未亡人宗栄(知昌)が冒頭の書付をしました。五老松の記述で大徳寺の開山大燈国師(宗峰妙超)が唐土(中国)に渡って持ち帰ったというのは誤りですが、大燈国師手植えになる五本の松で、年を経て枯木となったのを大板に挽いたものが、大徳寺より三千家に贈られていたようです。宗栄の箱書にも「以龍寳山大燈国師所植五老松摸之」(龍寳山は大徳寺の山号)と同様のことが記され、盆の底裏に息子以心斎が書付をしている旨を、女性のものとは思えないほど、まことに堂々とした力強い筆跡で認めています。なお、「官休庵」とは、武者小路千家の当主のみが記すことのできる署名です。宗栄は未亡人となり、本来は表に出てくる立場でなかったはずですが、以心斎の目が不自由となったことで、当主としての役割を代行したことと、利休の直系の子孫であるという自負から、「官休庵」の署名をしたと思われます。また、箱には作者名がありませんが、黄梅院大綱宗彦の日記『空華室日記』から7代中村宗哲の作であることがわかります。






235回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.