南宗寺彼岸会掛釜




南宗寺彼岸会掛釜

例年春秋の彼岸の中日の法要に参列した方に茶室実相庵でお茶を差し上げています。

中世、堺は南蛮との貿易港であったことから、毎回東南アジアやヨーロッパ等に因む道具組をします。 今回は道具だけでなく、社中の川崎さんのリュートの伴奏、メゾソプラノの梅谷さんの唄による演奏奉納を行いました。 曲はイギリスの作曲家でリュート奏者のジョン・ダウランドの「今こそ別れ」と「流れよ我が涙」の二曲でした。リュートは 中世からバロック期にヨーロッパで流行した弦楽器です。 利休さんが活躍した当時の堺の町でもこうした曲が流れていたました。茶席の水屋ではBGMとして二人の演奏が行われ、在りし日を偲んでいただきました。







19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.