名護屋城 黄金の茶室と竹の茶室

肥前名護屋城は豊臣秀吉の唐入り(朝鮮出兵)の前線基地として、補給・連絡の中継地として重要な役割を果たしました。








約170,000平方メート