和歌御会始(わかごかいはじめ)

 「和歌御会始」とは、毎年1月に宮中で催されている現在の「歌会始の儀」のことです。本日、令和の御代になり初めての宮中歌会始の儀がめでたく執り納められました。天皇陛下の御製は、


   学舎(まなびや)にひびかふ子らの弾む声

   さやけくあれとひたすら望む





宮内庁によると、陛下は保育園や学校などを訪れ、子供らと触れ合うたびに、子供らの将来が明るくあってほしいと願うお気持ちを表現されたとのことです。

 宮内庁のホームページによると、和歌御会始の起源は、必ずしも明らかではありませんが、鎌倉時代中期,亀山天皇の文永4年(1267)1月15日に宮中で歌御会が行われており,『外記日記』はこれを「内裏御会始」と明記しています。和歌御会始の起源は,遅くともこの時代,鎌倉時代中期まで遡ることができるものだそうです。    和歌御会始は,江戸時代を通じほぼ毎年催され,明治維新後も,明治2年(1869年)1月に明治天皇により即位後最初の会が開かれ、その後、改革を加えられながら歌会始の儀として今日まで連綿と続けられる世界に類のない国民参加の文化行事です。    なお、天皇皇后両陛下の御前で,一般から詠進して選に預かった歌、選者の歌、召人の歌,皇族殿下のお歌,皇后陛下の御歌と続き,最後に御製が披講されます。皇太子殿下をはじめ皇族方が列席され,文部科学大臣,日本芸術院会員,選歌として選ばれた詠進者などが陪聴します。


 もともと和歌御会始は暮れに御題