埋火(うずみび)

「宗旦四天王」の一人杉木普斎は、諸国に伊勢参宮を勧め、その便宜をはかる神職である伊勢の神宮外宮(げくう)豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の御師(おんし)でした。普斎の逸話を集めた『普公茶話』に、播州網干の檀那佐々木氏が伊勢に参宮した時、老齢のため次回の参詣がいつできるかわからないので、どんなものでもよいから茶道の形見を一品所望しました。普斎は茶席に炭斗を持ち出し、煙草盆の火入に炉中の火を埋め、「我等も年老たれバ齢のほどもいつとはかりがたし、されバ此火を国に持かへられて生涯滅せず釜を沸し給はば、百歳の後までも嬉しからん」と差し出しました。佐々木氏も「是に過たる御形見ハあるまじ」と、大層喜んで網干に持ち帰ったとあります。その火は子の代まで大切に護られ、また火入も秘蔵されたとのことです。

わたしの大好きな普斎の心温まる逸話のひとつです。

 今日、炭はガスコンロでおこして炉に次いで釜を掛けます。マッチやライターのなかった時代は、先のとがった棒火鑽杵(ひきりぎね)と木製の台である火鑽臼(ひきりうす)でもみ合わせて火つけるか、鋼鉄片の火打金に硬い石を打ちあわせて出る火花で点火させて火を起こしました。ちなみにライターはセリウムと鉄の合金である発火石を用いてアルコールや可燃性ガスなどに引火させています。むかしの人にとって火をつけるということはとても手間のかかる作業でした。そこで一日の終わりには火のついた炭を灰に埋めて翌日までもたせ、それを火種として改めて炭を足して湯を沸かしました。これは茶の湯だけでなく、一般の家庭でも同様のことをして煮炊きや灯火の火としました。これを「埋火」といいます。