変ずれば則ち通ず

最終更新: 2020年3月7日

行き詰ったらその場で手をこまねいていても何も変わりません。行き詰まったらそれまでの自分ではなく新たな自分に変わらなければなりません。自分自身が変わればおのずから新たな道が開かれるのです。とことんあがいてこそ出口がみつかるのです。努力なしには何も新たな展開は生まれません。行き詰ってなにもしないでいてはいつまでたってもそのままです。今までのやり方や考え方に固執している状態ではなにも生まれません。いつまでたっても生まれるべきものも生まれないし、道も開かれません。「変える」ことこそが大事なのです!

 南宗寺吹毛軒老師の扁額です。私が宗詮襲名前、宗隆の時分にいただいたものです。出展は天文・地理・人事・物象を陰陽変化の原理によって説いた『易経(周易)』です。南宗寺の客殿の余材に書かれたものです。なんの役にもたたない木っ端を活かすという老師の思いが込められています。




  窮則

  変 

  変則

  通

  為宗隆居士

  碩應(花押)


  窮すれば則ち変ず。 変ずれば則ち通ず

  宗隆居士の為

碩應(花押)


82回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.