大峰山徒拝修行

更新日:2019年9月16日

 実父も祖父も大峰山徒拝修行を勤め、わたしもかねてから徒拝修行達成することを念願としてきました。そしてこの度、ようやく中学1年になる息子とともに聖護院門跡の大峰修行に参加させていただくことができました。まさに感慨無量の心境です。

 木津家と聖護院様のご縁は、今から220年前の寛政11年(1799)3月10日に、初代松斎宗詮23歳の時に聖護院宮盈仁入道親王(しょうごいんのみやえいにんにゅうどうしんのう)が役行者(えんのぎょうじゃ)千百年の遠忌法要を箕面の滝安寺(りゅうあんじ)で済ませられ、父時龍(じりゅう)と松斎親子が長堀橋まで出迎え、同12日まで親王が松斎の出身である願泉寺客殿に逗留されたことに遡ります。聖護院蔵になる『御日録』によると、11日は住吉大社と四天王寺に参詣し、12日に願泉寺を出立し枚方に至られています。親王の願泉寺滞在中、松斎は四天王寺の伶人と参殿し旅情をお慰めるために管弦を奏し、また自作の龍笛を披露しています。親王はその龍笛に「柴船」と御命銘くださり、「響如流ひびきながれのごとし)」の御染筆と直衣・文具を御下賜しくださり、今日もその龍笛は願泉寺に所蔵されています。そして親王の格別な計らいに対し、松斎は自身の好みで造らせた深草窯の火鉢一対を献上しています。ちなみに親王は帰洛ののち、禁裏に参内して光格天皇にその時のことをお話されたところ、天皇がその火鉢を所望されたため、そのうちのひとつを献上したと伝えられています(『木の津之遺蹟』)。

 当日は聖護院門跡にに集合して本堂での勤行から始まり、威儀を正しての列立で丸太町通のバスに移動しました。天川村の洞川にいたり、一同バスを降り、清浄大橋を渡り、女人結界の門の手前で列立てを整え、法螺の響き渡る山中を進む時の心境はまさに身の引き締まるものがありました。そして徐々に脚が辛くなりはじめ限界に達したころに洞辻茶屋に(ほらつじちゃや)いたり勤行ののちの小休止で一息つき、わたしたち新客は表の行場での修行に望むことになりました。「鐘掛岩(かねかけいわ)」の断崖絶壁をよじ登り、「お亀石」を経て、標高1650メートル,約100メートル