天下の台所

大阪市西区にある大阪最大の魚市場「雑喉場(ざこば)跡」です。その淵源は豊臣政権下、当初天満鳴尾町(現在の北区天神西町)に居た魚商人らが開発が進む船場へと移って作られた魚市場だそうです。昭和6年に大阪市中央卸売市場が開設され廃止されました。江戸時代には堂島の米市,天満の野菜市と並んで,上方三市の一つとして繁栄しました。この三市が「天下の台所」を支えたのです。



閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いかけ