安田是誰自作 輪無二重切花入 目出度かしく

 安田是誰70歳の作になる竹輪無二重切花入です。輪無二重切花入は花間を横一文字に切り、縦は真直ぐに切り落とすのが通例ですが、是誰は花間の縦の線の上部を内側に緩やかな曲線を残して切り、まことに大きな窓を開け、また裏側には大きな円の釘穴を空けられた異例の作です。裏側に「目出度かしく 七十翁 是誰(花押)」と朱漆で認め、木津松斎が箱書をしています。





21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

五月雨棗