定家蔓・テイカカズラ

 定家蔓の名前のいわれは能『定家』に由来します。藤原定家の式子内親王への恋が成就しなかったことから、恋の執心で蔦葛に生まれ変わり内親王の墓に絡みついたという伝説によります。




 花はキョウチクトウを小さくしたような甘い香りのする白色の花で、咲き進むとクリーム色に変化します。葉は濃い緑色で秋には美しく紅葉します。