木津松斎聞書 帛紗 3

帛紗の使い方

 『和漢茶誌』に、珠光が中国で着衣の腰帯につり下げた玉製の装身具「佩玉(はいぎょく)」に倣い、威儀を正す手段として帛紗を腰に下げたとありますが、一翁が杉木普斎に宛てた伝書である『千宗守老江御相傅仕請書之記』、利休七哲の一人細川三斎の茶の湯について記された『細川茶湯之書』等の記述から、利休以前の帛紗は着物の懐中や袂に入れて用いられていた様です。『江岑夏書』には「ちさく角をこしニ付申候」とあり、利休が宗恩の考案した寸法の帛紗を腰につけたことに始まると考えられます。仮に古帛紗を四分の一の大きさに畳んで腰につけたのではあまりも小さすぎ、宗恩の帛紗ならば問題なく扱えます。なお、腰につけたことが珠光に遡ることができないとしても、威儀を正すためという点では利休も同じ意味で腰に着したのではないかと思われます。そしてそれは佩玉ではなく、「平江帯(ひんごうたい)」に倣ったのではないかと考えられます。臨済宗で最高の格式である道具衣(大衣・九条袈裟)をつけるとき、端を編み、その先に房をつけて装飾した紐を衣の腰の位置にしめて威儀を正します。これが平江帯です。『下學集』に、「平江府ヨリ出ス之ヲ故ニ云フ」とあり、本来は南宋の平江府(蘇州)で作られた絹製の紐で、禅の渡来とともに伝わったものでした。現在、大徳寺派では「前住職」の位の者がが開山忌等の大きな法要の時に道具衣とともに用いています。

 帛紗をつける位置については流儀により左右が一定していません。三千家や庸軒流・宗徧流等は左に、藪内流や遠州流・石州流・上田流等では右につけます。藤村庸軒の茶の湯について記された『茶道望月集』に、

  宗旦老後には、必左に附て極侘の茶事のみにてある故、只左にのみ附る事と覺え、當時爭ふ事不可也、古法にて、眞は必右に附るが古人の吟味ぞと也