御庭焼仁清作掛絡香合

一乗院(橘御殿)は奈良興福寺の門跡の一つです。歴代の門跡は近衛家の子息または親王が門跡となり明治にいたりました。同院は明治にいたり神仏分離により廃され官没されました。宸殿、殿上等の建物は県庁舎に使用され、のちに裁判所に転用されました。現在は唐招提寺に移築され、同寺の御影堂となり重要文化財に指定されています。

幕末、一乗院では木津家初代松斎宗詮が武者小路千家の茶の湯を教授していました。嘉永4年(1851)4月に松斎は、一乗院の茶室「忘窓」の作庭に携わり、その褒美として尊応入道親王から「御庭焼仁清作掛絡香合」と、織部饅頭を入れた珠光好みの「十八公食篭」を拝領しています。香合の箱書には花押が認められ、箱の甲には「庭焼 仁清」と書かれています。




外箱は松斎が、


尊応親王御手

すから於御茶室

被下置候仁清作

クハラ香合


外箱の甲には、


南都橘御殿忘窓

御数寄屋之御庭被

仰付候節此御香合

拝領御品御染筆


と自ら記しています。拝領の経緯と、茶室で親王手ずから拝領し、箱書が親王の自筆である旨を松斎は記録しています。この上ない栄誉に浴したことに感激しての書付です。なお、この香合には、


御庭焼仁清

  御香合

右賜之候永可有

重宝条如件

 嘉永四年四月 高天治部卿

          (花押)    

        木津宗詮殿