御庭焼仁清作掛絡香合

一乗院(橘御殿)は奈良興福寺の門跡の一つです。歴代の門跡は近衛家の子息または親王が門跡となり明治にいたりました。同院は明治にいたり神仏分離により廃され官没されました。宸殿、殿上等の建物は県庁舎に使用され、のちに裁判所に転用されました。現在は唐招提寺に移築され、同寺の御影堂となり重要文化財に指定されています。

幕末、一乗院では木津家初代松斎宗詮が武者小路千家の茶の湯を教授していました。嘉永4年(1851)4月に松斎は、一乗院の茶室「忘窓」の作庭に携わり、その褒美として尊応入道親王から「御庭焼仁清作掛絡香合」と、織部饅頭を入れた珠光好みの「十八公食篭」を拝領しています。香合の箱書には花押が認められ、箱の甲には「庭焼 仁清」と書かれています。




外箱は松斎が、


尊応親王御手

すから於御茶室

被下置候仁清作

クハラ香合


外箱の甲には、


南都橘御殿忘窓

御数寄屋之御庭被

仰付候節此御香合

拝領御品御染筆


と自ら記しています。拝領の経緯と、茶室で親王手ずから拝領し、箱書が親王の自筆である旨を松斎は記録しています。この上ない栄誉に浴したことに感激しての書付です。なお、この香合には、


御庭焼仁清

  御香合

右賜之候永可有

重宝条如件

 嘉永四年四月 高天治部卿

          (花押)    

        木津宗詮殿


と、一乗院の諸大夫の高天治部卿の筆になる奉書が軸装して添えられています。なお、松斎の門人で大坂道修町で医師を開業していた岩永文禎の『鐘奇斎日々雑記』によると、翌3月22日を初会として、その披露の茶事を催しています。この茶事は作法の通り、拝領の香合を盆香合の扱いで披露しています。松斎が没する2年前、すなわち75歳の最晩年の茶事です。

尊応入道親王は伏見宮貞敬親王の第四王子で、仁孝天皇の猶子となり、親王宣下を受け、一乗院の41代門跡となり、のち粟田口青蓮院に移り天台座主となっています。勤皇家として活躍しましたが安政の大獄に連座し、後に還俗を命じられ中川宮と称し、公武合体派の巨魁となりました、明治になり新宮家である久邇宮家を立て、久邇宮朝彦親王と名を改めました。今上天皇の曾祖父にあたります。


なお、一乗院最後の門跡で42代の応昭は近衞忠煕の八男で、還俗して水谷川忠起と名を改め、華族に列し男爵となり、春日大社の初代宮司となっています。忠起の養嗣子の忠麿は一乗院が武者小路千家の茶の湯を行っていたことから、昭和14年(1939)2月に武者小路千家12代愈好斎に入門し熱心に茶の湯を嗜んでいます。ちなみに、忠麿も戦後初の春日大社の宮司に就任しています。

先日犬山市明治村の明治村茶会の薄茶席を担当した時、初代宗詮を紹介するのにこの御庭焼仁清作掛絡香合を使いました。



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前出の通り、松斎(歓深院降龍)が安政2年(1855)の元旦に亡くなり、2月5日に得浅斎は喪主として本葬を勤めている(『鐘奇斎日々雑記』)。この時、得浅斎は36歳の働き盛りであった。同十二日には恒例の利休忌を卜深庵で勤めている。得浅斎は喪中にも関わらず、流祖利休の追善の茶会を催している。 そしてこの時期の得浅斎は前後して多くの不幸に見舞われている。同年3月2日には義母の柳(教深院貞寿)が松斎の後を追

得浅斎は治宝の信任が厚く寺社奉行や勘定奉行等の要職を歴任し、紀州藩の藩政改革を推進し、藩内の尊皇論を主導した伊達千広(だてちひろ)・宗広(むねひろ)と親交を結んでいた。なお、宗広は治宝没後、その側近が一斉に粛正された時、田辺(和歌山県田辺市)に10年近く幽閉され、のち脱藩して尊皇運動に参加している。その千広の六男が坂本龍馬の海援隊の一員で勤皇の志士であった睦奥宗光(むつむねみつ)である。ちなみに陸

得浅斎も松斎同様紀州家に仕官している。その時期の詳細は不明であるが、『高松侯上使日記』の嘉永7年(1854)1月二25日に「宗隆主人屋敷ニ出勤」とあり、どのような役職に就いていたかはわからないが、この時点で確かに紀州家に仕えていたことがわかる。 文久3年(1863)秋に写された『文久元紀士鑑』に、「五人扶持、木津宗隆、大坂住御用勤」とあり、大坂在住で御仕入方(おしいれかた)の御用を勤めていた。また