徳川家康手植え「臥龍梅」

 2年前に静岡市興津の清見寺を訪ねました。寒い中を一條文昭老師自ら親しくご案内してくださいました。

 清見寺は奈良時代の創建と伝えられ、鎌倉時代に禅寺として復興され、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄しました。また、徳川家康が今川氏に人質としであった時、当時の住職太原雪斎に師事して学問をしました。その部屋とされるものが今に伝えられています。江戸時代には徳川氏の庇護を受け、朝鮮通信使や琉球使の接待が行われ、彼らが揮毫した額や関連の品が多数残されています。

 境内には徳川家康手植えの梅「臥龍梅」の古材で作られた茶杓を一條老師からいただききました。銘は「仙龍」で筒は老師、箱書は徳川宗家の徳川恒孝氏です。今月の稽古で使わせてもらってます。






















12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.