擇友千歳古

ある時節会の晩です。太政官の村田右大史、その位階は正五位下、官は右大史、御所の方では太政官に勤め、一条家では御近習を勤めておる、兼刑部大条丞です。それが、大納言、中納言、参議の列座しておる席で、装束を着たままで、灯芯をかき立てなければならぬ、そのかき立てる時に、うっかりして落として、二条さんの装束の膝に油がかかった。そこで「恐れ入りました」と両手をついて謝罪った、それはそこで謝罪らぬで、(ついてきている)諸大夫へかかって(会って)、「唯今疎忽なことをいたしました、何れおことわりにでますけれども、どうぞ今晩のところは宜しゅう願います」と言えば、それで宜かったけれども、大臣に向かって卑しい者から声をかけては相済まぬ。宜しくないので、右大史を辞すべしということになって、太政官に出られないようになってしまった。その時分の大臣は、勢いのあったものでした。今日は無位無官の人でも、大臣の御側に行っても物も言えますが、昔はなかなか会う訳にいかぬ、まるで、大臣は天子と異なるところなしです。えらい勢いのあったものです。

五摂家の一つ一条家の侍で御側出仕となり、朝廷の装束召具方をつとめた一条敬長の講演記録である『幕末の宮廷』の一文です。なんともすごいお話です。現代からは到底、想像もつかないことです。大臣に対し役人が粗相をしたから免職になるなど。今の大臣と当時の大臣の位置付けは異なります。また、身分と格式というもので成り立っていた時代ですから、そうしたものだったと理解しなければなりません。なお、敬長は幕末に御所に一条家に出仕し、維新後は京都御所の殿部などをつとめました。そして大正13年7月に亡くなっています。

十二代広島藩主の浅野長勲(ながこと)は、