最古のワビスケ

 豊臣秀吉が利休居士から譲られたワビスケ。樹齢400年以上の老木です。年々衰えて花の付が良くないとのこと。周りに挿し木した小さな木が育てられています。でも挿し木はいわゆるクローンで、400歳の老木の細胞から作るので生まれた時にすでに400歳の細胞です。ソメイヨシノと同じでそんなに長生きはできないでしょう。ですから見た目は若木でも実は老木です。





82回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

釣瓶

震源地

山ヒル