top of page

有隣斎好 膳所焼雲錦茶碗

昭和45年の大阪万博の呈茶席で用いるのに有隣斎が好んだ膳所焼雲錦茶碗。

膳所焼特有の鉄釉の中に金線で紅葉を描き、そのの中に桜の絵がが細かく置かれています。地味ではありますがとても品格が漂う茶碗です。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

Comments


bottom of page