木津松斎筆 聞書 1

更新日:2019年8月23日

卜深庵木津家初代松斎宗詮が記した、一啜斎の聞書の帛紗の項と帛紗の記述です。


 一、色ハ紅・黄・紫三色なり。近年一啜斎にて、栗かわ茶出来申候。紅ハ十五歳已下と、古稀以上の人用ゆるなり。寸法ハ九寸五分ニ八寸五分なり。是ハ真伯時代ニ、三家共申合、此寸法ニ極め、其時より一文字屋三右衛門方ニ而申付る。則ふくさ上つつみの紙の書付ハ、如心斎筆跡なり。右、寸法相極候*前のハ、少し大きく而、とくときまりし事も無之由に御座候。濃茶之節、茶碗江ふくさを添而出し候事ハ、茶碗あつき斗ニあらす。本焼の茶碗をおもんじての事なり。依而楽茶碗ハ草なるもの故に、ふくさハ添不申候。楽ハわびもの故、草なり。(句読点筆者)


 帛紗の色について紅・黄・紫の三色であると限定しています。このうち紅は、古稀以上の老人と15歳以下の未成年(当時は一般的に15歳で元服し、それ以下は未成年とされていた)が用いるものとされていたようです。ただし3代木津聿斎宗泉の『官休清規』には、紅は還暦以上で、黄は初老以上に用いてもよいとあり時代により若干の相違がみられます。また「栗かわ茶」すなわち炭点前に用いられる櫨(はぜ)色の炭帛紗は、一啜斎が使い始めたとあります。これは炭点前で炉縁や土風炉・小板・釜蓋の微塵の灰を清めるために、灰の色に染めたもので、点前帛紗と区別して用います。寸法については9寸5分×8寸5分とあり、現在のものと比べると少し横長です。興味深いことに、3代真伯の時代に三千家申合せでこの寸法に定め、その時より一文字屋三右衛門に発注したとあり、上包みの書付が表千家如心斎の