朴の葉寿司

近所の方の吉野の実家のお母さんが作った朴の


葉寿司です。毎年この時期いただきます。 朴の葉寿司は、江戸時代中期に紀州藩が熊野の漁師に年貢を課し、その金を捻出するのに夏鯖を塩でしめ吉野川筋の村に売りに来ました。ちょうど夏祭りと重なり、祭りのごちそうとして握った米の上に生鯖の切り身をのせ、これを朴の葉で包んだものが起源だそうです。朴の葉の防腐作用で日持ちがよく、日にちを置くことにより鯖がよく熟(な)れてより美味しさがまします。 朴の柔らかい若葉の清々しい香りに包まれた鯖寿司を家族で美味しくいただきます。毎年この季節になるのが楽しみです!

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.