top of page

杉木普斎手作り黒茶碗

小ぶりな茶碗で高台脇に「普斎」の名と花押が彫られています。普斎は参詣者や信者の為に祈祷、案内をし、参拝・宿泊などの世話をする伊勢の外宮の御師です。宗旦門下でその四天王の一人とされ、千家の利休の侘茶を「正風の茶の湯」として各地に広めました。また宗旦没後、武者小路千家の一翁宗守から真台子の相伝を受け、一翁とは格別縁の深い茶人です。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page