松斎歌集4

さえわたる淀の川浪ひく舟の

苫うちはらい月をもるらん

   有馬にて

おとにきくけしきもかなし落葉山

今一しほの紅葉しにけり


遠きをもふりはへきたるかひありて

有馬の山のもみちをもみる

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛宕さん

夏越の祓