初代松斎宗詮21 法要の形式

更新日:2019年10月5日

 この法要は三千家家元が施主として、菩提寺である大徳寺塔頭聚光院で行なわれた。『空華室日記抜録』(愈好斎が、大綱の『空華室日記』の茶道に関することを抜書きしたもの。以下『日記抜録』)には、二百五十年忌は聚光院で施餓鬼法要として行なわれ、出頭の僧侶に食事(斎)を供養している。『諸事扣』によると、法要は朝五ツ頃(午前8時頃)から始まり、当日の天候は快晴、大徳寺一山総出頭により盛大裡に営まれた。聚光院の輪番住職の清泉寺せいせんじの新州宗民しんしゅうそうみんが法要に関するすべてのことを差配している。高桐院(こうとういん)の子院泰勝庵(たいしょうあん)の真峯(しんぽうが導師を勤め、大綱が脇導師であった。この時の大綱の追福の偈は『日記抜録』に、「飽参竜宝蒲庵主、認得喫茶趙光風、積善長余無限慶、松音不断道流隆」とある。出頭の和尚の数は、『日記抜書』には61人とある。そして三家の当主をはじめ、内室、家内一統、業体(ぎょうてい)、各家の地方の門人、職方が参列している。業体とは一家の業を引継ぐという意味から転じ、茶道の家元に居住してその道の修業をする者、内弟子のことで、当時、この語は三千家ともに使われていた。『諸事扣』によると武者小路千家の参列者は以心斎のほか大後室知法(ちほう・一啜斎未亡人)、若後室知昌(ちしょう・好々斎未亡人宗栄)、松斎、得浅斎、柳(りゅう・松斎妻)が記されている。門人の参列は、『大西浄雪手記』(以下『手記』)によると150名とある。

 参列者の休息所は『手記』に、三千家それぞれ山内塔頭のいずれかを休息所にあて、そこで改服の上法要に参列している。なお参列者は茶堂で香儀料(御供)の受付を済ませ、そこで人数分の飯札(食事券)を渡されている。次に参列者の服装については、表千家社中の大森勘平の『利休居士二百五十年忌大徳寺衆光院ニテ法事執行ノ図』(以下『執行ノ図』)によると門人・出入りの職方は上下(裃・肩衣)を着用していたと記録されている。そして『諸事扣』によると、家元以下の業体は熨斗目十徳(のしめじっとく)を着用していた。女性は大徳寺までの道中は白羽二重(しろはぶたえ)の上に黒羽二重を着、白茶緞子(しらちゃどんす)の帯を締め、婦人が外室時に顔をかくすための遮蔽具である被衣(かずき)で頭をおおい、大徳寺では白羽二重の上に白綸子(しろりんず)の打掛うちかけを着用してい