湯沢山茶久蓮寺(ゆたくさんちゃくれんじ)

八幡市橋本の西遊寺は湯沢山茶久蓮寺の別名で呼ばれています。山崎の合戦の折、豊臣秀吉が立ち寄り茶を所望したところ、湯ばかりたくさん出されたことがその由来です。