牛を桃林の野に放つ

本日の床の掛物です。昭和24年の愈好斎の元旦試筆です。加茂本阿弥椿に臘梅を竹円窓花入に入れました。


帰馬于

華山之

放牛于

桃林之

己丑歳元旦試筆

    還暦 守(印)


馬を華山の陽(みなみ)に帰し、牛を桃林の野に放つ


この句の前には「偃武修文(武を偃(や)め文を修む」という一節があり、また続きに、「示天下弗服(天下に服せざるを示せり)」とあります。

殷の暴君桀(けつ)を討伐した周の武王は、武闘を終わらせ、文政によって天下を治めることとそ、戦争に用いる馬を河南の華山の南麓に帰らせ、牛を桃林という原野に放牧し、天下にもう戦いをしないことを示したという一文です。

愈好斎はあの悲惨な戦争を経験し、戦後の平和になった日本をこの試筆で表したのでしよう。


干支の掛物は新年にしばしば用います。また一年の終わりにその名残として使われることもあります。次にこの丑を掛けるのは12年後で、わたしは71際になっています。再び元気にこの軸を見ることができるかは定かではありません。そう思うとなんとも感慨深い思いに浸りました。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示