玉藻焼 長次郎赤茶碗「早舟」写

玉藻焼になる長次郎赤茶碗「早船」写し。先代有隣斎の箱書です。玉藻焼は先代氏家常平が清水六兵衛の元で修行をし、生まれ故郷の香川県に開いた窯です。現在の当主は長男常美が二代目として作陶をしています。香川県と武者小路千家は四代一翁宗守が讃岐高松藩の初代藩主松平頼重に茶堂頭として仕官し、明治まで歴代の家元が仕えた地です。そうしたことから玉藻焼は流儀とも深い関係があります。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柳桜園