百歳にして死すること疑いなし

 採桑老(さいそうろう)は雅楽の曲のひとつ、左方、盤渉(ばんしき)調の曲です。古来、この曲を舞うと数年後に死ぬといわれています。内容は不老不死の薬草を求めさまよう老人が老いてゆく姿をあらわしています。 用明天皇(在位586~587)の頃、大神公持(おおがのきんもち)により中国から伝えられたと言われています。『教訓抄』によれば、多(おおの)家が秘曲として伝承していましたが、康和2年(1100)に多資忠(すけただ)が山村正連に殺害されて一度絶え、のち勅命により天王寺の秦公貞(はたきみさだ)によって復曲され、資忠の子 近方(ちかかた)に伝えられました。  この採桑老の軸は江戸時代中期の公家四辻公亨(よつつじきんみち) の着賛で、絵師は不明です。

  三十情方盛、四十気力微    五十髪毛白 六十行歩宣   七十懸杖立 八十坐魏々       南溟縢公書(印)

公亨の賛は採桑老で舞人が舞の途中で唱える短い句・詠の一部です。その全文は、

  三十情方盛、四十気力微、五十至衰老、六十行歩宣  、七十懸杖立、八十座魏々、九十

得重病、百歳死無疑

  三十にして情まさに盛んなり、四十にして気力微なり、五十にして衰老に至る、六十に