目が輝いている!

3年前の8月にインドネシの西ジャワ島の山中に住む少数民族バドゥイ族の村でホームステイをしました。彼らはジャカルタから車で5時間、徒歩で1時間のジャングルの中で文明を拒否した生活を送っています。電気もない、水道もない、病院も郵便局も警察も役所もない、携帯電話もかからない。近代文明の恩恵を拒否し先祖から受け継いだ生活スタイル守り続け、地面を神聖なものとして村の中は履き物を履かず裸足で、男は山仕事や農作業、女は機織り、子どもはその手伝いで日々を暮らしています。

バドゥイの人口は25000人。当然、小学校はありません。子どもは誰も学校に行きません。だから大半の人が文字の読み書きができません。

でも子どもたちは活き活きしていて目が輝いています!



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム缶