第2回なんばん茶会

第2回なんば茶会を無事に終えることができました。10月というものの格別暑い中を多くの方にご参会いただきました。本当にありがとうございました。



めずらしい物とか珍奇な物のことを表す語に「なんば」という言葉があります。その語源は、室町末期から江戸時代にかけて、ベトナム・タイ・フィリピンなど、東南アジア地域をさしていった語「南蛮」です。そして「南蛮」は東南アジア方面から渡来したヨーロッパやスペイン・ポルトガルの文物や人物を指す語となりました。南蛮文化とか南蛮料理、南蛮菓子などと使われたり、茶の湯では中国南部から東南アジア一帯で造られた陶器や漆器・金属器・織物なども「南蛮」と呼ばれています。そして異風・奇異なものにまでかなりの多方面に使われ、「なんば」もそうした語のひとつです。



安土桃山時代の堺は東南アジアやポルトガル・スペインなどのヨーロッパなどとの南蛮貿易の交流拠点としてゆるぎない地位にありりました。そうした堺でわび茶の大成者千利休はじめその師である武野紹鷗・今井宗久・津田宗及等多くの茶人たちが活躍した地でもあります。当時の堺は広く東南アジアや中国・朝鮮・ヨーロッパなど海外から渡来した人々や文物や宗教・音楽などの文化と日本人とその文化が混在する「東洋のベニス」と海外から注目される自治都市でした。まさに国際色豊かな貿易自治都市であったのです。



 

 

その規模は東西2キロ、南北4キロ、江戸時代初期の人口は2万人ほどの小規模な都市でした。ところがそこに寺院は200ヶ寺もあり、「仏国土」と呼ばれるほど仏教が繁栄し、その中心的な寺院の一つであったのが南宗寺です。南宗寺は臨済宗の本流である京都大徳寺派の禅を今日に伝える古刹です。前出の千利休はじめ武野紹鷗等の茶人は南宗寺に参禅し「茶禅一如」の境地を深めました。南宗寺はまさに茶の湯発祥の地の一つといえます。