第5回 昨夢会

大徳寺黄梅院で昨夢会を滞りなく執り納めました。昨夢会は木津家歴代宗詮と社中物故者、そして初代宗詮を茶の湯に導いてくださった最大の恩人の一人である松平不昧不昧公の追善法要と茶会です。黄梅院の大綱和尚は初代松斎宗詮参禅の師にあたります。住職の太玄和尚が大綱和尚と松斎との縁をより深めるということで昨夢会と命名してくださり毎年催しています。





大綱和尚と松斎の茶の湯の師である武者小路千家8代一啜斎と歴代家元、不昧公、木津家歴代の道具組で濃茶と薄茶、点心をご満喫いただきました。






                会 記

                       時、令和二年十一月十四日

               於、 大徳寺塔頭黄院