興聖寺献茶

去る9月27日、京都府宇治市の興聖寺開山忌法要で献茶の奉仕をしました。

興聖寺は南宋(中国)から曹洞宗をわが国に伝えた道元が京都深草に開創した寺です。その後、道元が越前の永平寺に移ったのち、比叡山の弾圧により廃寺となり、江戸初期に淀藩初代藩主の永井尚政が万安英種禅師を中興開山に請じ、宇治の地にに再興した寺です。そうしたことから「曹洞宗初開道場」とされています。

本年はコロナウイルス禍のため、十分に衛生面に内容での献茶となりました。








37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

節分釜