茶のかをり



木津家初代松斎宗詮の富士画賛です。

  

  時雨して    窓に     富士見る    茶の     かをりわ


11月は開炉の月であるとともに、その年の5月に摘んだ新茶を納めた茶壺の口切をする時でもあります。10月は壺の底に残る前年のお茶をいただく名残の月です。茶の香りも風味も落ちたお茶です。 月が改まってようやく待ちに待った香り高い風味ある新茶をいただく最高の月です。古来、「茶の正月」といって一年で最もめでたい時にあたります 松斎の賛は、富士山と新茶、この上もないめでたい気持ちを表した発句です。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏越の祓