荒陵山(あらはかさん)

本年は聖徳太子千四百年遠忌に正当しました。2月22日には父2代露真が四天王寺聖霊院奥殿で献茶を奉仕しました。

写真は九谷の須田菁華の天目茶碗です。「荒陵山」の文字は、大正から昭和初期に活躍した大阪四天王寺の住職木下寂善によるものです。五重塔の復興などに復興に尽力しました。なお、五重塔の落慶法要では木津家4代花笑斎が献茶奉仕しています。












この茶碗は昭和8年に木津家卜深庵社中により四天王寺に奉納された茶碗で、箱書を3代聿斎が認め、「四天王寺什」とあります。いつ寺から出たものかはわかりませんが、たまたまある道具屋で見かけて、このようなものが売買されているのはまことに不都合なので買い求めました。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お祓