葵桂(きつけい)

 昨日、上賀茂神社神主の社中から葵祭・賀茂祭のお下がりをいただきました。

 平安絵巻さながらの路頭の儀は新型コロナのために取りやめとなりましたが、神社で勅使参向の社頭の儀は例年通り斎行されました。天皇陛下からの御幣物が献じられ、国家・国民の安泰を祈る御祭文の奏上が滞りなく行われました。

 当日、内陣27台、外陣4台、庭積神饌218台が供えられ、内陣神饌の第一台が「葵桂(きつけい)」です。今日それと中央に小豆が5つぶ着けられた約30センチほどの横長の餅などです。





 早速、床に3代宗泉の一行「神」を掛け、その正面に上賀茂神社の遷宮記念の直会盆な葵桂を載せて飾り、家族で美味しくお茶を飲みました。

 こんな時だけにとてもありがたく、うれしい日となりました!





52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.