認得斎・一啜斎合筆桃画賛と認得斎筆白紙賛


 裏千家十代認得斎(にんとくさい)と武者小路千家八代一啜斎(いっとつさい)の合作になる桃画賛と、認得斎の白紙賛(はくしさん)の二軸を通し、裏千家における好々斎と、武者小路千家に入家するまでを見ていきます。


結實三千歳











(桃絵)(一啜斎花押)(認得斎花押)




結實三千年


 








(認得斎花押)



解説

 はじめの一軸には一啜斎が濃淡のある薄墨で瑞々しい桃の実を描き、認得斎が滑らかな筆遣いで「結實三千歳」と賛を記しています。もう一軸は認得斎が「結實三千年」とのみ認めた白紙賛です。この二軸の賛は、「歳」と「年」の文字を使い分けていることを除けば、ほとんど同じといってよい程に似通った雰囲気で、「三」の字は全く同じ、花押かおうも判を押したような書きぶりです。おそらく、二本の軸は同時に書かれたものと思われます。

 「結實三千歳」の句と桃の絵は、中国の伝説上の仙女である西王母せいおうぼの三千年に一度実るとされる仙桃せんとう(神仙の桃)の故事に基づいています。『山海経』に、西王母は西の果てに住み、姿は人のようで、豹の尾と虎の牙をもち、災害を司る神とされました。時代が下るにつれて西方の仙山である崑崙山こんろんさんに住み、かつての半人半獣はんじんはんじゅうの鬼神から、すべての女仙にょせんたちを統率する、艶やかで美しい天界の最高の仙女に変化します。そして西王母は、三千年に一度花が咲いて実を結び、その実を食べると不老不死を得るという仙桃を管理すると信じられるようになりました。西王母と仙桃にまつわる話では、周しゅうの穆王ぼくおうや前漢ぜんかんの武帝ぶていが西王母からこの仙桃を贈られたとか、東方朔とうほうさくがこれを盗んで人間界に追放されたとか、『西遊記』に三蔵法師の弟子になる前の孫悟空が、天界の西王母の桃園である蟠桃園ばんとうえんの番人を命ぜられた折、この桃を食い荒らし、天界から追放されたという話が知られています。仙桃は実に貴いものとされてきたのです。

 この二本の軸は、好々斎が裏千家から武者小路千家に入家するにあたり、両家の家元により記念に認められたものと思われます。好々斎にとって実兄である認得斎と義父となる一啜斎の合作である桃画賛は武者小路千家のため、認得斎のみの白紙賛は裏千家のために書かれたと考えられます。二軸を見比べた時、武者小路千家のほうには桃の実が描かれ、裏千家のほうはその箇所が空白であることが非常に興味深く感じられます。両者にとり、まさに好々斎は三千年に一度しか実らない桃の実であったのでしょう。なお、絵につける賛は通常目上の者が認めますが、認得斎は一啜斎より七歳年下になります。本来ならば一啜斎が賛を書くべきところですが、認得斎の大切な弟