• 木津宗詮

初代松斎宗詮3 願泉寺と紀州藩

最終更新: 2019年10月5日


三十四世観龍の時、すなわち正徳四年(一七一四)に紀州藩の三代藩主徳川綱教つなのりが表千家六代覚々斎かくかくさいに命じて書院と茶室を補修させている。また紀州徳川家の参勤交代の途次、願泉寺が陣屋にあてられ、徳川家から三葉葵の寺紋を許されている。

 「紀州家中系譜並に親類書書上げ」によると、堀田家の初代勘平重保は、尾張国(愛知県)の生まれで、小早川秀秋に仕え、関ヶ原の合戦や大坂の陣で戦功をあげた。小早川家改易ののち駿河国(静岡県)で紀州藩初代藩主となる徳川頼宣よりのぶに知行八百石で召し抱えられ、頼宣の紀州転封にともない和歌山に移住している。

 二代孫之丞清長も頼宣に知行三百石で召し抱えられるが、のちに致仕して願泉寺の婿養子となっている。願泉寺三十二代賢龍けんりゅうと考えられる。清長は五年間願泉寺に滞在し、改めて知行三百石で帰参し、さらに浪人の間の五年分の知行も与えられている。

 願泉寺三十三代明龍みょうりゅうは堀田清長(賢龍)の子と考えられ、明龍には子がなく、和歌山で清長が新たに妻を迎えて生まれた堀田家三代孫之丞博道の孫二人を養子に迎えている。すなわち五男の常丸(少将)と六男の観龍かんりゅうである。堀田家四代勘平茂済が跡継ぎがなく没したことにより、常丸は和歌山に帰り五代勘平致福となり、弟の観龍が願泉寺の三十四代となったのである。





35回の閲覧

最新記事

すべて表示

2代得浅斎宗詮3 一指斎の後見

得浅斎は、松斎の茶の湯を義母の柳とともに支えた。武者小路千家は此中斎の離縁により、急遽新たに後継者を迎える必要に迫られた。「登士録」に、嘉永5年(1852)3月22日に表千家の吸江斎の息子で、以心斎の甥にあたる辰之助、のちの一指斎が再養子として入家している。辰之助が5歳の時のことであった。「松平家譜」には、同5年4月19日に、「茶道格別之家筋」ということから、未だ幼年ではあるが、十人扶持を支給され

2代得浅斎宗詮2 茶の湯修行

家元への入門並びに許状の台帳によると、得浅斎は天保6年(1835)、14歳の時に武者小路千家九代好々斎に入門している。なお、好々斎はその10日後に41歳で没しているので、好々斎に直接茶の湯の指導を受けることができなかったと思われる。いずれにしろ好々斎の最後の弟子の一人であったといえる。 同10年(1839)3月に小習六ヶ条と、唐物点・茶桶箱、同年10月には台天目と盆点・乱飾、そして流儀の最奥義であ

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.