馬藺後立牛皮小札之兜(ばりんうしろだてぎゅうがわこざねのかぶと)

7日が旧の端午の節供でした。昨日が東京の稽古だったので今日五月人形をかたつけました。そして床にずっと掛けていたのがこの軸です。「東山絵所絵師 高谷宗賢」と署名のある豊臣秀吉着用の兜の図です。なお、高谷宗賢は明治、京都の四条派の画家です。

ご承知の通り、豊臣秀吉は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。織田信長に足軽として仕え、のちに天下統一をし、関白になった立志伝中の偉人です。 息子に少しでもあやかってもらいたいという思い出かけています。親バカですねー この豊臣秀吉着用の兜の正式名称は「馬藺後立牛皮小札之兜」というそうです。鉢は一の谷形で、馬藺とは菖蒲の一種の葉をかたどった薄板を後立に挿しています。「菖蒲」は「尚武」に通じます。また朝日が昇ることをイメージして造られたとされています。 ちなみに、この兜は豊臣秀吉がずっと着用していたのではなく、蒲生氏郷の家臣西村重就に九州攻めの褒美として与えています。そうしたことから秀吉が着用し期間は非常に短いといわれているのです。あまりにもインパクトがあるので豊臣秀吉の兜といえばこの「馬藺後立牛皮小札之兜」と定着したのだそうです。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.