2代得浅斎宗詮7 『鐘奇斎日々雑記』に記された茶事

 岩永文禎の『鐘奇斎日々雑記』には、万延元年(1860)11月二21日の茶事の会記が記録されている。


 二畳中板西手仏間円相立サン四枚セうじ有、上に(図)如此まど有也、火トウ口反故張

 木津氏へ茶事ニ行 客拙、北風、□□、山下、□□、□□□

 床 大灯国師歌沢庵書 夫奥證書

 釜 寒雉 龍宝山

 香合 荘子 身補ひ 赤楽中印

 花 □入 直斎 一重 時雨

花 □

 茶わん 唐津鉢 左入

茶わん 唐津

 茶入 小棗 杉木普斎

 袋 秋名とんす

 茶杓 宗詮共筒 銘古長刀

 曲こぼし

 炭取 ふくべ

 炮ろく 玉川

 会席 一啜斎好 溜糸目わん

 直斎好□器折敷

 こし高

 向 蓮根小口切芹葉 栗小口

 □  □のはな 砂糖入敷て

 蝶子ニ桃肉至て少

 汁 ごまちんぴ交かけ

 角焼豆腐壱

 合ミそ

 坪ワん 寄ゆりね

 千切大こん

 土筆

 平ワん 引菜

 牛蒡昆布巻

 湯斗ニて

 □ □湯を引やうせず

 □ □也 □□□

 香もの 朝セん焼 茄子

 開きて広間

 常信 山水 横文

 志野棚 信楽水指

 上に南蛮小の真壷飾

 茶入 石州やき 大海

 茶わん とゝや

 菓子 御所□□ 友白髪

 引切曲

 直斎好荒磯

 吸物 牛蒡 □こん 焼□□

 久□□やき丼

 鉢 玉子巻やき こんふ □□□

 同

 鉢 かふら丸煮

 同

 鉢 きす細切 大ミすかけ

 〃

 鉢 くすな 塩やき

 同

 さほん

 茶わん 吸物 播州のり

 竹ふち  桐木地  花印

 煙草盆 直斎好 本架 竹ふち

 火入 宣徳□□

 一閑煙草入

 手焙

 讃岐円座

 琵琶床に □□□桐ニテアうけ

 光悦好ト云

 又脇ニ硯ヲ飾有り